埼玉県心身障害者扶養共済制度

[概要]

障害のある方を扶養している保護者が、自らの生存中に毎月一定の掛金を納めることにより、保護者に万一(死亡・重度障害)のことがあったとき、障害のある方に一定額の年金を支給する制度です。障害のある方1人につき2口まで加入できます。

[支給内容]

<年金の支給>
加入者が死亡し、または重度障害と認められたときは、その月から障害のある方に対し、年金が支給されます。
<弔慰金の支給>
1年以上加入した後に、加入者より先に障害者が死亡したときは、一時金として加入期間に応じて、弔慰金が支給されます。
<脱退時の一時金>
5年以上加入した後に、加入者の申し出によりこの制度から脱退したときは、一時金として加入期間に応じて、脱退一時金が支給されます。
※支給される金額については、桶川市サイトをご確認ください。

[対象者]

次のいずれかに該当する方(年齢は問いません)
1.知的障害者・児
2.身体障害者・児
身体障害者手帳を所有し、その障害が1級から3級までに該当する障害
3.精神または身体に永続的な障害にある方で、1または2と同程度の障害と認められるもの

[申請できる人]

対象となる方ご本人もしくは保護者の方

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「埼玉県心身障害者扶養共済制度(桶川市サイト)」をご覧ください。

埼玉県心身障害者扶養共済制度(桶川市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく